塗装前の下地調整・下地補修

外壁塗装は、古くなった外壁に塗料を塗って終わりというわけではありません。
塗料を塗るための下準備が必要になります。

下地調整とは、外壁塗装や屋根塗装をする前に、塗装する面をきれいに整えることをいいます。

外壁は傷んでくると壁面にひび割れや剥がれ、ふくれなどの症状がみられます。塗料を塗る前に傷んでいる部分を補修することを、下地補修といいます。

 

外壁塗装も屋根塗装も、まず下地処理から始めなければなりません。塗装をする前に塗装面の汚れをしっかり落としてきれいな面にしなければ、どんなに良い塗料を塗っても塗料の性能が十分に発揮されなくなってしまうからです。

最近では、機能性の高い塗料がたくさん出ていますが、せっかく良い塗料を塗装する事にしても、下地がきれいになっていなければ何の意味もありません。

塗装 前橋 群馬 家のイラスト

まず塗装をする前に、塗装する面の汚れを高圧洗浄できれいに落とします。
次に汚れをきれいに落としたら、塗装面をなめらかにするためにケレンと言う作業をします。
汚れや錆は塗料を素材に密着させるためには事前に取り除いておく必要がありますし、また表面がツルツルとした素材の場合は塗装面にあえて凸凹の傷をつけることで塗料の密着性を高める必要があります。

外壁面のクラックや劣化したシーリングをそのままの状態で塗装をすると、一度は塗料で埋まるのでキレイな仕上りに見えますが、時間の経過とともに塗料がすぐに剥がれてしまい、もともとあったひびがまた見えてしまいます。

高圧洗浄で汚れを落とし、きれいな塗装面を作る。傷などがあった場合は、その傷などにあった補修の方法でしっかり下地を補修する。細かい所までしっかり補修を行ってもらうことが、塗料の性能を発揮させる重要な工程となります。

 

以上のように、塗り替えをする場合は下処理が非常に大切な作業になります。この大切な下処理を怠ると、10年以上持つ塗料でも何年も経たないうちにはがれてきてしまいます。

 

アサヒペイントでは、ひとつひとつの作業工程を写真に撮ってホームページに掲載させて頂いています。
全ての作業を大切にし、職人が責任を持って仕事をしているという証でもあります。

 

お化粧でもそうですが、洗顔をしその後に化粧水・乳液・クリームなどを塗ります。この工程のひとつでも抜かしてしまうと、お化粧のノリが悪くなったりします。
塗装も同じことなので、まずしっかり下地処理をし、塗料の性能を生かして長持ちさせることが重要です。

お見積もりの際には、下地調整や補修をきちんとしてくれるのか確認するのがよいと思います。

 

当社では、きちんと下地調整や補修を致しますのでご安心下さい。
施工事例をホームページに掲載していますので、どのような感じで工事を進めているかがわかります。詳しくはこちらをどうぞ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

外壁塗装・屋根塗装の基礎知識

外壁塗装 屋根塗装 その他の工事
外壁塗装の必要性


外壁塗装の種類


 

屋根塗装の必要性


屋根塗装の種類


 

雨樋の必要性


防水工事について


 

よくあるご質問 用語集 用語集

塗装に関するご質問


 

下地補修・下地調整


シーリング・コーキング


シーラー・フィーラー

下塗り・中塗り・上塗り

高圧洗浄 ケレン


クラック

 

お見積り無料緑1バナー
その他の施工事例バナー 完成写真ギャラリーバナー
画面上部へスクロールする