屋根塗装の必要性

屋根塗装の必要性

大切なお住まいのメンテナンスを考えるとき、目安になるのはご自身で見て傷んでいると感じた時ではないでしょうか?
しかし屋根場合、自分で確認するには危険が伴います。

そのため、「自分の家の屋根はどうなっているのだろう?」と思っている方や、「塗装する必要があるのかわからない?」と気にされている方もいらっしゃると思います。
そこで屋根塗装について解説していきたいと思います。

屋根塗装の目的

建物の中で一番過酷な状況に置かれている屋根は外壁よりも傷みが進んでいます

屋根塗装の目的は、もちろん屋根を保護する事にあります。
お住まいの寿命を延ばし、雨漏りを防ぐことが家を守ることになるからです。

塗装 群馬 前橋 家のイラスト

まず新築時には屋根も外壁もきちんと塗膜(塗装した時の塗料の膜の事です)で守られています。
しかし紫外線や雨風などの外的要因で屋根や壁は劣化していきます。

色が褪せて見えるのは劣化のサインで、見た目だけの問題でしたら塗り替えの必要はありませんが、この色あせは塗膜の保護がなくなってきていることを意味します。
屋根の素材によって症状は様々ですが、結果的には雨漏りの原因になります。
建物内に水が侵入してしまうと、補修に費用がかかってしまうため塗装で守ることが重要です。

屋根塗装時期の目安

一般的に屋根塗装も目安は10~15年といわれています。
あくまでも目安なので、お住まいの立地条件や気象状況、使用されている塗料によって時期は変わります。

症状としては、変色や色あせ・チョーキング現象・サビが考えれます。
もし、あなたのお住まいの屋根が下の写真のような状態になっていたら、屋根のお手入れのサインです。

塗装 群馬 前橋 屋根塗装必要性写真

コケ・サビ・色あせ

屋根の表面に汚れが付着し、その汚れを養分としてコケが生えたり、紫外線によって塗装のツヤがなくなり、色あせたりします。
また、ガルバリウム鋼板やトタン屋根など、金属系の屋根材にはサビが発生することがあります。

屋根材の反り・浮き

屋根材が下地からはがれ、反りや浮きが生じます。
塗り替えの際に補修を行うか、一部を張り替えます。

ひび割れ

薄いスレート屋根は劣化によってひび割れを起こしやすくなる屋根材です。
下地が傷んでいなければ、塗り替えの際に補修を行うか、一部を張り替えます。

 

屋根の塗装は、建物の劣化を軽減する以外にも様々なメリットがあります。外観を美しく保つことはもちろんですが、断熱や遮熱の塗料を使うことで節電にもなります。遮断熱の塗料を使うことで、冷暖房をあまり使わなくても良くなります。

塗装の重要なポイント

  1. 塗料自体が持つ機能性・耐久性等の性質を最大限に引き出すことの出来る技術が必要になります。
  2. 塗装の中でも環境条件が一番過酷な場所ですので、正確に見極める判断力が必要になります。
  3. 見えないところだからこそ、安心の施工力が必要になります。

 

定期的にメンテナンスを行うことで、良い状態を保ち結果的にはお金を無駄にしないことにつながります。

屋根を保護し、長時間にわたり美観を守るためには優れた塗膜性能が必要になります。アサヒペイントでは、優れた塗料をたくさん取り揃えています。お客様に合った屋根塗装をご提案いたしますので、お気軽にご相談下さい。

 

外壁塗装・屋根塗装の基礎知識

外壁塗装 屋根塗装 その他の工事

外壁塗装の必要性


外壁塗装の種類


屋根塗装の必要性


屋根塗装の種類


雨樋の必要性


防水工事について


よくあるご質問 用語集 用語集

塗装に関するご質問


下地補修・下地調整


シーリング・コーキング


シーラー・フィーラー


下塗り・中塗り・上塗り

高圧洗浄 ケレン


クラック


お見積り無料緑1バナー
塗装サイトへ 屋根工事サイトへ
画面上部へスクロールする