シーリング・コーキング

コーキングの重要性

シーリングとは、建物にある隙間を埋めるゴム状の材料のことをいいます。シーリングはコーキングとも言われています。
シーリングは温湿度の変化や地震、風雨など自然現象に伴う建物の揺れや動きに追従するように弾力性をもった材料です。そして気密性や水密性を維持するために防水の役割もあります。
外壁がサイディングの場合、サイディングボード一枚一枚を張り合わせる継目の目地部分にシーリングが使われています。
サイディング以外でも、窓などのサッシのまわりや換気扇周りなどにもシーリングが使われています。

シーリング・コーキングの弱点は、材質的に痛みやすいことです。ゴムが材質のなので、直射日光の紫外線に弱く、日当たりの良いところは劣化が早いです。
ヒビ割れが出てきたら劣化のサインなので、注意して確認してみましょう。早めの対応で大きなトラブルを未然に防ぐことができます。

塗装 群馬 前橋 シーリング説明バナー

シーリング材は紫外線を受けたり、サイディングの動き(振動や熱)が原因で劣化していきます。
施工や立地条件で異なりますが、シーリングの寿命は概ね5~10年です。

新築の時は上から塗装をせずに、シールそのものがむきだし状態のため、紫外線が直接あたる形になって劣化していきます。
特に、家の北東側より陽のあたりがつよい南西側の劣化が激しくなります。そのため、のちのち雨水の浸入を防ぐためにも、塗装前にシールの打ち直しの交換工事が必要になってきます。

上から塗装することでさらに寿命を延ばすことができます。
多くは10年程度のサイクルで外壁の塗り替えとシーリングの打ち替えを行い建物の維持と保守を行います。

群馬 前橋 塗装 シーリングバナー

群馬 塗装 前橋 打ち増しバナー

既存シーリングの上から新しいシーリングを重ねて充填することを「増し打ち・打ち増し」、既存シーリングを取り去って、新しいシーリングでやり直すことを 「打ち替え」といいます。
「増し打ち」と「打ち増し」どちらの方が安上がりかといえば、もちろん「増し打ち」です。
既存シーリング材を撤去する手間がかなり違います。
しかし、ただでさえ短命な部分なので、せっかく足場をかけて工事を行うのであれば、多少値が張っても継ぎ目(目地)だけは「打ち替えを」をしてもらった方が良いと思います。
継ぎ目(目地)が劣化している場合は、早めのメンテナンス をお勧めします。
切れ目から雨水が入り、浸透し内部を腐食させる原因になります。 そうなると建物本体を劣化させ、建物の寿命が短くなる可能性があります。
サイディング外壁がきれいなため、なんとなく新築気分でいる方も多いと思いますが、セルフチェックをして早めの対応をしましょう。

 

外壁塗装・屋根塗装の基礎知識

外壁塗装 屋根塗装 その他の工事

外壁塗装の必要性


外壁塗装の種類


 

屋根塗装の必要性


屋根塗装の種類


 

雨樋の必要性


防水工事について


 

よくあるご質問 用語集 用語集

一般的なご質問


塗装に関するご質問


 

下地補修・下地調整


シーリング・コーキング


シーラー・フィーラー

下塗り・中塗り・上塗り

高圧洗浄 ケレン


クラック

 

お見積り無料緑1バナー
その他の施工事例バナー 完成写真ギャラリーバナー
画面上部へスクロールする