増税前 いつまでに外壁塗装・屋根塗装すれば消費税は8%?

消費税8%になる特例(経過措置)をご紹介
2019年10月1日から消費税が8%から10%に引き上げられます。
たとえ2%アップでも外壁や屋根塗装などのリフォームは数十万~と決して安いものではありません。

10%回避のためには、増税までに引き渡しが必要

税率8%を適用するためには、9月30日までに工事の引き渡しが完了していることが必要です。

増税前に「外壁や屋根塗装をしよう!」と思っても、増税前は工事が込み合い、お客様の希望通りのスケジュールで工事ができないことが予想されます。

外壁・屋根塗装は経過措置が適用されます

2019年の3月31日までに工事のご契約を行っている場合は、経過措置が適用され、10月1日以降の引き渡しでも消費税は8%のままです。

2019年の3月31日までに工事契約をを行っている場合は、経過措置が適用

消費税引き上げ前に塗装工事を検討されるなら、駆け込み需要の混乱に巻き込まれない、このタイミングで工事を決めて賢く納得の塗装工事を選んで下さい。

また、増税への危機感をあおって無駄な工事を勧める業者もいるかもしれません。
急いで契約せず、地元に密着した住まいの塗替え専門店アサヒペイントに是非ご相談してください。

 

お見積り無料緑1バナー
その他の施工事例バナー 完成写真ギャラリーバナー