屋根の形を一挙に紹介! あなたの屋根はどの形状?

住宅の上には必ず屋根があり、その形は様々です。たまには屋根を見ながら近所を散歩してみませんか。少し歩くだけで、様々な形の屋根が見つかることでしょう。

一般的な民家であれば瓦屋根ですし、最近はスレート屋根の住宅も増えてきました。神社・仏閣の屋根は荘厳で凝った作りが多く、文化財に指定されるような古い建物では、歴史の重みと風格を感じさせる屋根になっています。

屋根の形は様々ですが、ここではよくある屋根の形を一挙にご紹介します。皆さんの好きな屋根デザインを探してください。

建物の屋根の形

切妻(きりづま)

切り妻一般的な住宅でよく見られる「三角屋根」がこの形です。「我が家はこの屋根」という方も多いのではないでしょうか。シンプルで施工もしやすく、和風でも洋風でも合わせやすいため、最も普及している屋根です。

 

寄棟(よせむね)

寄棟屋根の頂点などで面と面が合わさる部分が「棟」で、その棟を中央に寄せているため寄棟と呼びます。頑丈な構造で、総面積あたりの各面が小さくなる(切り妻は2面、寄棟は4面)ため、風圧に対して強いのが特徴です。寄棟も一般的な住宅でよく見られる形です。

 

方形(ほうぎょう)

方形正方形の建物に多い屋根で、ピラミッド型になっています。屋根の全ての面が同じ形となり、寺院などで見られる六角形や八角形の建物でも、屋根は方形と呼ばれます。また、上から見て六角形ならば「六注」、八角形ならば「八注」と呼ばれることもあります。

 

陸屋根(りくやね・ろくやね)

陸屋根傾斜や勾配がなく平坦な形状のため陸屋根と呼ばれ、屋上を設けるのに最適な形をしています。ただし、屋根に傾斜がなく排水性が悪いので、定期的なメンテナンスや防水工事を怠ると雨漏りに繋がります。

 

片流れ(かたながれ)

片流れ屋根は切妻や寄棟のように複数の面で構成されますが、片流れは一面だけで構成されています。平坦な形状のため、太陽光パネルや太陽光温水器の設置に適した形状です。

 

入母屋(いりもや)

入母屋入母屋は最も格式が高い屋根の形状で、歴史的な建築物に用いられ、京都にある桂離宮の屋根が有名です。小さな切妻の下に寄棟を合体させたような形状で、切妻から続く屋根は途中で角度が変わることなく、軒先まで続きます。先端に反りやむくりが入ることもあります。

 

バタフライ

バタフライ蝶が羽ばたいているように見えるのでバタフライと呼ばれ、切妻や片流れを反対にしたような形状になっています。積雪地帯では落雪を防ぐためにバタフライ状の屋根が見受けられます。屋根の中心付近に水が溜まりやすく、定期的なメンテナンスが必要です。

 

鋸屋根(のこぎりやね)

鋸屋根工場ではよく見かける屋根で、見ての通り鋸の刃のような形状となっています。片流れの建物を連結させたような形状で、屋根の上端と下端の間の壁に採光用の窓や開口部を設けられるので、工場などの大きな建物では定番の屋根です。

 

マンサード屋根

マンサードフランスの建築家フランソワ・マンサールが考案したと言われ、寄棟の屋根勾配を途中で急角度に変えた屋根です。洋風の建築物でたまに見かけます。

 

かまぼこ屋根

かまぼこ体育館など大型の建物に見られる形状で、モダンなデザインの屋根です。半円、かまぼこの形状で、半径を表すRadiusの記号のRを取って、R(アール)屋根とも呼ばれます。

 

 

お見積り無料緑1バナー
その他の施工事例バナー 完成写真ギャラリーバナー
画面上部へスクロールする