ウレタン防水で屋根・屋上・ベランダの雨漏りを防ぐ

ウレタン防水の特徴と補修方法

建物を長持ちさせるための重要なメンテナンスとして、屋根や屋上の防水工事に使われるウレタン防水をご紹介します。

雨水の侵入を防ぐ防水工事は、屋根や屋上の水漏れを防ぎ、建物を長持ちさせるための重要な工事です。

住宅の屋根・バルコニー・ベランダや、ビル・マンションの屋上は、常に雨風にさらされるため、防水工事を怠ると雨水が建物内に侵入し、住宅やビルの寿命を縮める大きな原因となります。

屋根や屋上の防水は10~20年程度で劣化するため、防水工事による定期的なメンテナンスが必要です。

今回は建物の防水工事でオススメするウレタン防水工事について説明します。

雨漏りは建物の寿命を縮める 防水工事の必要性

建物の雨漏りは、ほとんどが屋根や屋上で発生します。建物の外装が外壁塗装で定期的なメンテナンスを行うのと同様に、屋根や屋上も防水工事による定期的なメンテナンスが必要です。

ビル・マンションの屋上や、住宅の屋根・バルコニー・ベランダは、常に雨風にさらされています。

防水がしっかりしているうちは大丈夫ですが、防水部分の経年劣化が進むと、建物内に雨水が侵入してカビが発生したり、木部や鉄筋・コンクリートが劣化して、住宅やビルの寿命を縮める大きな原因となります。

住宅で一般的に見られる切妻屋根や寄棟屋根、日本家屋の瓦屋根でおなじみの入母屋屋根には、屋根の傾斜によって自然に雨水が落下するようになっています。

しかし、ビルやマンションの屋上は、水平の陸屋根構造がほとんどで、住宅のバルコニーやベランダもほぼ水平の構造になっています。そのため、雨水が溜まりやすく、防水部分が劣化すると雨漏りが発生します。

建物内に雨水が侵入すると、住宅では天井や壁にシミができたり、クロスが剥がれてきたり、押入れや壁内にカビが発生します。木造住宅の場合は構造材や仕上げ材の腐食につながるため、あっという間に建物が劣化します。

ベランダ防水の劣化が原因で天井に雨漏りが発生

ビルやマンションの場合はさらに深刻で、コンクリートに水が侵入するとひび割れが発生するだけでなく、内部の鉄筋にサビが生じて構造体の強度が低下したり、電気設備の漏電や火災の原因になります。

防水工事を怠って雨漏りが発生すると、建物内部に大きな被害が発生します。特に平坦な陸屋根では雨漏りを防ぐため、防水工事による定期的なメンテナンスが重要になります。

外壁塗装と防水工事の違い

外壁塗装で利用する塗料と、防水工事に使う塗料は全くの別物です。一見似たようなイメージがあるので、同じ感覚で外壁塗装専門の業者に防水工事を依頼すると、施工不良や早期の経年劣化によって雨漏りが発生する可能性があります。

屋根や屋上、ベランダ、バルコニーなどの防水工事やメンテナンスは、場所によってそれぞれ使用する塗料や工法を変える必要があります。屋根の防水工事は、塗装専門の業者ではなく、正しい知識を持つ防水工事の業者に依頼してください。

屋根・屋上で施工される防水工事の種類

屋根・屋上の防水工事にはいくつかの種類があり、それぞれに異なるメリットがあります。一般的に用いられる防水工事といえば、FRP防水、シート防水、ウレタン防水の3種になります。

FRP防水

FRP防水

FRP防水はガラス繊維を下地に使い、その上にポリエステル樹脂を塗布して硬化させる工法です。

樹脂だけでなく強靭なFRP繊維を組み合わせて屋根上を覆うため、軽量でありながら衝撃に強く、長期間の摩耗にも耐えるので、しっかりした防水層を構築することができます。

ポリエステル樹脂は凹凸のある場所にも対応し、すぐ硬化するため短期間の施行が可能で、タイトな工期の現場でよく用いられます。一般的な防水塗料の仕上げに似ていますが、FRP防水のほうがはるかに丈夫で、長期間の防水効果があります。

FRP防水はひび割れや劣化に強い防水工法

シート防水

シート防水

シート防水は柔軟性のあるゴムシートや塩ビシートを貼り付けて防水層を作る工法です。

シートを貼り付けるだけで仕上げができるため、短期間の工期にも対応し、コストを低く抑えることができます。太陽光の熱や紫外線にも強く、下地のコンクリートにもよく適応します。

接着剤による接着工法だけでなく、固定金具やアンカーを用いた機械的固定工法によって、下地にしっかりと固着する防水層を作ることもできます。

防水工事で雨漏りを防ぐ シート防水の施工方法

ウレタン防水

ウレタン防水

液状のウレタン樹脂を塗布し、下地の凹凸や形状に左右されない防水層を作る工法です。

ウレタン樹脂は塗料のような液体なので、ペンキのように刷毛やローラーで施工することができます。大掛かりな作業や工法を必要とせず、低コストで均一な防水層を形成することができます。

劣化してもすぐに塗り直しが可能で、すばやく補修することができます。下地の状態や形状に左右されず、複雑な場所でもウレタン樹脂を塗るだけで施工できるので、どんな屋根や屋上でも対応できる工法です。

 

ウレタン防水工事の特徴

ウレタン防水は液体のウレタン樹脂を塗布するだけで、FRP防水のようにガラス繊維や樹脂は使わず、シート防水のようにシートで防水層を作るわけでもありません。

そのため、他の防水工法と比べて防水性能が劣るようなイメージがありますが、ウレタン防水には他の防水工法にはないメリットがたくさんあります。

施工費用が安い

ウレタン防水はウレタン樹脂を塗布するだけで施行できるので、他の工程が必要になるFRP防水やシート防水と比べて、施工費用が安くなります。ビルやマンションのような面積の大きい場所では、施行コストも重要な要素です。

また、施工後の耐久性も他の工法より劣るわけではなく、十分な耐久性があります。

ウレタン防水はトップコート(防水層を保護する層)と防水層、下地の3層からなります。
トップコート表面だけひび割れや摩耗している場合、トップコートの塗り替えで寿命を延ばすことが可能です。

ウレタン防水の構造

ウレタン防水費用

種類 価格
防水層も含めた場合 3,000~7,000円/㎡
トップコートのみの場合 2,000~4,000円/㎡

凹凸や複雑な場所でも施工可能

ウレタン樹脂は塗料のように伸縮性があり、どんな場所でも塗布することができます。建物の屋上には継ぎ目や金具、配線、手すりなどの金属部品があり、施行の難しい場所を放置するというわけにはいきません。

ウレタン防水なら、塗料と同じように扱えるため、どんな状況でも対応できます。凹凸のある場所や小さなすき間、複雑な場所にもウレタン樹脂が流れ込んで、確実に防水することができます。

また、施工後の補修も簡単で、劣化した防水層の上に重ね塗りすれば、以前に施行済みの古い防水層を剥がしたり撤去する必要もなくなるので、その分の作業コストを下げることができます。

ウレタン防水は固化するFRP樹脂と比べて柔軟性があるので、地震や台風などで生じる建物の揺れにも強く、防水層のひび割れが起こりにくいため、雨漏りや浸水の被害を防ぐことができます。

広範囲での施行コストパフォーマンスはウレタン防水が一番優れ、リフォームの防水にもよく用いられます。

ウレタン防水の工法

ウレタン防水工事には工法が3種類あり、現場によって通気緩衝工法、密着工法、絶縁工法を使い分けます。

ウレタン防水は単にウレタン樹脂を塗布するだけでなく、屋根や屋上の状況によって適切な工法を選択する必要があり、経験のない業者が適当に施工すると、すぐにひび割れや防水層の劣化が生じ、雨漏りの原因となります。

通気緩衝工法

通気緩衝工法は、まず通気性のあるシートを張り、脱気盤または脱気筒を設置して、その上にウレタン樹脂を塗布する工法です。防水層の下に空気や水分が流れる層を作り、下地の換気ができるようになっています。

下地が完全なコンクリートではなく、湿気や水分を含む場合に用いられる工法で、通気緩衝シートが一旦水分を保持し、脱気盤または脱気筒から換気することで、ウレタン防水の弱点である防水層の膨れや亀裂を防ぎます。

下地に影響されず、換気によって防水層の膨れや亀裂を防ぐので、耐久性に優れた工法です。耐用年数は15~20年です。

密着工法

新築の建物や、それほど年数が経っていない建物に使われる密着工法は、屋根や外壁にウレタン樹脂塗料をそのまま塗り、補強用のメッシュシートを組み合わせて仕上げることで、高い防水機能を発揮します。

下地にウレタン樹脂塗料を塗ってから、メッシュシートを貼ったその上に、ウレタン樹脂塗料を塗るという2層構造で、しっかりとした防水層を作ります。耐用年数は10年~15年です。

ウレタン防水の劣化 補修のサイン

ウレタン防水は比較的簡単に施工できるところがメリットですが、経年劣化によって発生するひび割れや膨れがあると、雨漏りの原因になります。ひび割れや膨れは補修のサインなので、雨漏りを防ぐために定期的なメンテナンスを行いましょう。

防水層の膨れ

ウレタン防水塗料を塗る時に下地を乾燥させないまま施工したり、防水層のひび割れから水分が侵入すると、防水層と下地の間で水分が蒸発して膨れが発生します。膨れた部分は劣化しやすく、亀裂が発生して雨漏りの原因になります。

施工不良の場合は、膨れた部分を除去してウレタン防水塗料を塗り直します。また、防水塗料には耐用年数があり、どうしても経年劣化が発生します。雨漏りを防ぐために数年に一度チェックして、定期的なメンテナンスを行いましょう。

ひび割れや亀裂

ウレタン防水ヒビや亀裂

屋根や屋上は常に太陽光に晒されているため、紫外線の影響で塗料が劣化しやすくなります。ウレタン防水部分の劣化を防ぐため、トップコートで表面を保護していますが、経年劣化によってどうしてもひび割れや亀裂が発生します。

また、地震や台風による建物の振動によって、ウレタン防水部分がひび割れすることもあります。放置すると雨水が侵入してウレタン防水塗料が劣化し、雨漏りが発生するので、防水部分の調査とメンテナンスが必要です。

他の原因としては、屋上の排水口が詰まって水はけが悪い場合や、雑草や苔が生えている場合、防水層の上にコンクリートなどの重量物を置いたり、エアコンの屋外機などを設置すると、防水層にダメージを与えます。

防水層の膨れと同様に、下地の乾燥が不十分なままウレタン防水塗料を塗ると、ひび割れや亀裂が発生します。その他、塗料や施工時の工法が合っていなかったという可能性もあるので、防水工事の専門家に調査を依頼しましょう。

ウレタン防水の施工事例

桐生市相生町のS様邸で屋上防水工事と外壁の塗り替え工事を行いました。屋根はシート防水で、至る所にひび割れや穴があり、室内には雨漏りによるシミがありました。

桐生市相生町 屋上フロン防水とリシン外壁塗装 桐生市相生町 屋上フロン防水 桐生市相生町 屋上フロン防水
桐生市相生町のS様邸で屋上防水工事と外壁の塗り替え工事を行います。 既存の陸屋根(平らな屋根)はシート防水です。 至る所にひび割れや穴が確認できます。

高崎市上佐野町 コンクリート打放しの外壁塗装と防水工事

お見積り無料緑1バナー
その他の施工事例バナー 完成写真ギャラリーバナー
画面上部へスクロールする