トタン屋根のサビ 雨漏り補修 屋根塗装

屋根塗装 トタン屋根 サビ 施工前画像

群馬の外壁塗装アサヒペイント 現場からレポートコーナーです!

先日、高崎市のG様のお宅を訪問させていただきました。雨もりがするとのご相談を頂き、行って参りました。

早速ハシゴに登り点検・・・すると、屋根にかなりのサビが出ていました。

屋根の棟板金の部分を見ると驚くことに、木部がパサパサの状態になっています。止めてある釘もほとんど取れてしまっていました。

屋根塗装 トタン屋根 サビ 施工前画像

雨もりの原因が、その木部のパサパサ部分の下にありそうなので、まずコーキングとスクリュービス( ねじ先端部がドリル形状のねじ )で止めておきました。今の私どもが出来ることをさせていただき帰ってきました。

その後、雨が降っても雨もりしなくなったという事で、とても喜んでいらっしゃいました。G様のお宅ですが、なんと5年以上も雨もりしたいたそうです。それもまた驚きでした。

トタン屋根の塗装について少し説明します・・・

トタン屋根の塗装の寿命は5~8年と言われています。しかし築3年ぐらいでサビが出始めます。サビは寿命ではありませんが、出てしまったら早めの塗装をオススメします。

特にトタン屋根はこの塗装で寿命が決まります。

トタン屋根の下地は非常に重要です。古いハガレかけの塗料やサビを取り除かないと、せったく塗った塗料のハガレの原因になってしまいます。さらにクギ穴やトタン同士の隙間は埋めておく必要があります。

そしてサビ止め塗料(プライマー)を塗り、中塗り・上塗りして仕上げます。以外と作業があるんです。きちんと下処理することによって、見た目も良く長持ちする屋根に仕上がります。

雨もりの原因がわかりましたので次回のご訪問の際は、板金のヌキ板交換と屋根塗装をご提案させていただきたいと思います。

ご主人様がおっしゃるには、屋根の塗装は10年前にご自身でされたそうです。お一人でされたそうですが、危険ですので次回はアサヒペイントにお任せ下さい。

アサヒペイントお問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする