棟板金の釘がなんと!?

今日は、先日お問合せ頂きました屋根・外壁塗装をお考えの前橋市にお住まいのS様邸に見積もりにお邪魔させて頂きました。

築13年経過したそうですが、最近いろいろな箇所に、痛みが出ているのでご自身で補修をされている跡がいくつもありました。

👇こんな感じです👇

前橋 外壁補修 チョーキング

外壁の角が白くなっている場所が補修箇所です。
亀裂が入ってきたのでホームセンターに行ってコーキングと塗料を買ってご主人様が補修をされたそうです。
見た目には直した跡って感じですが今となったら良かったと思います。
大きなヒビだったので心配だったそうです。
雨水が建物に侵入しないようにしてありましたので内部には一切被害はありませんでした。
シリコン材も変成シリコンを購入し塗料も油性塗料で塗装してありました。
コーキング材や塗料はホームセンターに行くとたくさん売ってますね♪
後々塗装をする時のことを考えて店員さんに確認して購入したそうです。
補修したのは2年ほど前らしいのでこの時の判断の良さが現状維持出来たのだと思います。

前橋 棟板金 釘の浮き 風の被害

これは、屋根に上がってみたところ棟板金の釘抜けヶ所や釘が無くなっている箇所がありました。

前橋 釘の紛失 風害

こちらは、完全に釘が無くなっている写真です

前橋 釘浮き 風害

全部で20本も釘が浮いているのと無くなってしまっている箇所がみられました!

この釘が無くなっているのはけして新築時に手抜き工事をした訳ではないのです。

原因は・・・

風なんです!

屋根の上は遮るものが少なく風が強く当たる個所です。強い風が何年も当たっていますと止めてあった釘が浮いてきたり飛んでいってしまう事が多々あります。板金の下は木ですので釘が無くなれば板金が飛んで行ってしまいます。

このような状態はどこのお家でもあってもおかしくありません。

中々屋根に登って確認するのは難しいのが現状です。

ご自身の屋根がどのような状態になっているか心配な方がいらっしゃれば当社スタッフにお声かけ下さい。

無料で診断いたします

上記のように釘や板金の浮きがみられた場合火災保険の対象になります。火災保険は火事になってから使うだけではなく風の災害、水の災害も含まれております。加入の保険屋さんによっては適用できない場合もありますので保険証書を確認するか保険屋さんに確認すると詳しい事がわかります。

お家の事でお困り事があればアサヒペイントへご相談下さい♪♪

群馬 前橋 住宅塗装 最新施工事例バナー 群馬 前橋 住宅塗装 施工事例一覧はこちらバナー

アサヒペイント その他 完成写真 バナー

群馬 外壁塗装 アサヒペイント 施工事例バナー

群馬 外壁塗装 アサヒペイント お問合せバナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする