塗装できるモニエル瓦、塗る前の下処理が非常に重要です

塗装できる瓦、「モニエル瓦」をご存知でしょうか?
現在は生産されていませんが、1980年~1990年代に広く普及した瓦で、セメント瓦の一種ですが、正式名称は乾式コンクリート瓦です。

セメント瓦断面 モニエル瓦の断面

セメント瓦とモニエル瓦、似ていますが違いがあります。
上の画像で赤い点線で囲んであるのがセメント瓦、青い点線であるのがモニエル瓦です。
断面に違いがあるのが、おわかりでしょうか?
セメント瓦は切り口が真っ直ぐになっているのに対して、モニエル瓦は切り口が凸凹しています。

モニエル瓦はセメント瓦の一種ですが、通常のセメント瓦とは少し違います。
モニエル瓦の表面はスラリー層というもので覆われおり、更にその上にアクリル樹脂系の透明の塗料が塗布されています。
※スラリー層とは…セメント、砂、骨材に顔料を混ぜ合わせた着色のセメントのことをいいます。

モニエル瓦のメリットは、強風や豪雨に強く、耐火性が高く断熱性があることです。そして主成分がセメントなので、アスベストも使用されていません。そのため屋根材を変える時に撤去費用が抑えられます。

デメリットは、耐用年数を超えると塗装するか、葺き替えが必要になることです。
これはどの屋根材でも起こる事なのですが、モニエル瓦の塗装の場合は特に気を付けるべき点があります。

塗装が必要なモニエル瓦

まず劣化してくると表面を覆っているアクリル樹脂系の塗料がなくなり、着色スラリー層がむき出しになってしまいます。このスラリー層は非常に脆弱で、指でこすった程度でも粉状になってしまうくらいです。

画像でもおわかりのように、劣化してくると屋根瓦の表面を覆っていたアクリル樹脂系の塗料はなくなり、スラリー層がところどころ残った状態になっています。防水性はなくなっているので、塗装するか傷みがひどければ屋根の葺き替えをする必要があります。

この瓦を塗装する際は、残っているスラリー層をしっかり取り除かなくてはなりません。
きちんと取り除けていない場合は、せっかく塗装しても残っているスラリー層ごと新しい塗膜が剥がれる現象がおきてしまいます。

塗装をする場合は下地処理をしっかり行い、下塗り材を十分塗布してから上塗りする事が必要です。そして工事会社を選ぶときは、トラブルにならないためにも、モニエル瓦の塗装の説明をきちんとしてくれる業者を選ぶことが重要になります。

気になることや小さなお悩みなど、お気軽にアサヒペイントまでお問合せ下さい!
お見積もり、点検は無料です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする