前橋市より玄関扉だけの交換は後付け感がでてしまうのか不安です

前回のブログでは、既存の和風欄間付き引き違い戸の取り外し工程をご紹介致しました。今回は新しいものに交換して完成するまでをご紹介致します。

玄関扉外した所

古い既存の枠に新しい枠を安定して取り付ける為に、障子溝に木下地を取付して新規枠を固定します。

今回新しい玄関のガラスはペアガラスとなる為、枠材も幅が広めとなります。
今までが単板のガラスという事もあり、外から聞こえる音なども聞こえ方が変わって、静かに感じるようになります。

玄関枠を固定したところ

長めの付属ビスにて、躯体までとどかせて固定します。枠幅も厚くなったので、しっかりして玄関引き戸も安定しました。
ガラスもペア硝子になった分、障子の戸車もしっかりした物が付いているので、開け閉めもスムーズにおこなえます。

年数の経った玄関では戸車やレールの傷みにより女性が開け閉めに困難なケースもあり、交換を考える方もいらっしゃるようです。

新しい玄関完成内側から

玄関の内側も綺麗にカバーが付くので、後付感が無く仕上がります。
中の見た目も綺麗に取り付ける事が出来ますので、お客様に喜んでいただけました。

玄関扉を交換する場合、後付感がどのくらい出るものなのかという事が、一番気になっていたらしく、今回の工事はとてもご満足頂けたようで安心いたしました。

新玄関完成①

玄関外部にも外部枠を取付、見た目の一体感を出し違和感がなくなります。
右写真は玄関の左側と、上部に前の玄関の木部が見えていますがカバーを取り付ける事によって見えなくなります。

新玄関完成②

外観・外額縁取付後、少し隙間も空くのでコーキングにて仕上げます。
外枠も三方取り付ける事によって、後付感はなくなり、綺麗にまとまって仕上がったと思います。

最後にお客様にチェックと確認して頂き、工事完了となりました。ここまでの工事日数は一日です。日数がかからないというのも、お客様にお勧めできる理由です。
前回の工事はこちらどうぞ↓↓↓

前橋市で台風を前に玄関に引き違い戸を網戸付き戸に交換します

アサヒペイントではサッシ専門の職人が常時おりますので、すぐに工事をすることが可能です。ちょっと玄関だけ新しくしてみたい!など、お気軽にご相談下さい。
お見積もりはもちろん、無料です!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする