雨どいのお問合せです!破損状況を調査します|高崎市金井淵町

本日は壊れた雨樋の調査に伺いました。
高崎市金井淵町雨樋破損①丸で囲んでいる所を見て頂くとお分かりかと思いますが、雨樋が途中でなくなっています。
本来ですと、この雨樋はもっと下までつながっていて瓦の下の軒樋まで水がながれなければなりません。

高崎市金井淵町雨樋破損②横から見て頂いても途中でなくなっているのが良くわかります。
この状態のままですと、常に瓦に水が流れるようになってしまっています。
これでは瓦が傷んでしまうため、雨樋を付け足す必要があります。

高崎市金井淵町雨樋破損③このように雨どいがありますと、雨水がきちんと雨どいに流れます。
雨どいは屋根に降った雨を効率よく集め下に流すという大切な役割を果たしているため、
破損していると、建物にダメージを与えてしまいます。

高崎市金井淵町雨樋破損④こちらの矢印が示しているのは、雨樋の向きがおかしいという指摘です。
瓦と雨樋の間に隙間がありません。通常でしたら瓦よりも雨樋がでてないと水を受ける事ができません。
高崎市金井淵町雨樋破損⑤こちらの写真がわかりやすいです。
瓦と雨どいに隙間がありません。どうしてこのようになったかはわかりませんが、これでは屋根からの水を受ける事ができません。
正しい位置に直さなければなりません。
お客様にこの状況をご説明し、雨樋の補修のご提案をしたいと思います。

アサヒペイントでは無料点検実施中です。
お困りごとがございましたら、お気軽いお問合せ下さい。
フリーダイヤル0120-44-2729まで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする