家の雨漏りの原因と解決方法

壁に雨染み天井や壁から突然の雨漏り、ある日気がついたら天井に染みが...。

このような雨漏りの症状が発生したらきちんと原因を特定して修理をすることが重要です。
雨漏りの原因は、屋根からと思いがちですが、実は外壁が原因でおこる場合も多いのです。

群馬県は、梅雨、夏のゲリラ豪雨、台風などの雨と一緒にも風が強く吹く地域です。
強風を伴った雨が降ったとき外壁からも水が浸入して雨漏りが発生することもあります。

適切な施工がされている限り、建物の繋ぎ目や結合部分から雨水が浸入しても、外壁や屋根の下には防水シートがあるので簡単には雨漏りしません。
しかし、この防水シートも経年劣化していきやがて雨水が浸入してしまうことがあります。

雨漏りが発生してからの補修は、費用が高額になり工事期間が長くなってしまいます。

雨漏りの原因につながる外壁や屋根の不具合

外壁

外壁のつなぎ目

外壁材として多くの方が選ばれるサイディング、その繋ぎ目に使われているコーキング材が、おおよそ10年くらいで劣化して弾力性が無くなってきます。コーキングは硬くなると、ひび割れや隙間が発生し、風を伴う降雨で雨水が浸入してきます。

サイディングコーキングひび サイディングコーキング痩せ

外壁のひびや変形

サイディングの反りなどの隙間から雨水が浸入してきます。
モルタル材などの場合、経年劣化でクラックが発生しやすくなり、その隅間から雨水が浸入してきます。

サイディングの反り モルタルひび

サッシ周り

窓枠の周りに使われているコーキングが経年劣化で、ひび割れや、隙間が出来ると雨水の浸入してきます。特に出窓は雨漏りをおこしやすい場所です。

サッシのコーキング劣化 出窓のコーキング劣化

ベランダ(バルコニー)

ベランダ(バルコニー)は、ほとんどがFRP防水やウレタン防水の処理がされています。どちらの防水方法も紫外線に弱いため、保護するためにトップコート塗布しています。このトップコートが歩いたりして磨耗しますので、ひび割れやざらついてきたら、雨漏りする前にトップコートを塗り替える必要があります。

ベランダひび割れ トップコートの磨耗

屋根

棟板金の剥がれ

化粧スレート(コロニアル、カラーベスト)屋根や金属屋根の棟板金は風の影響を受けやすく、群馬特有の強風や台風などの被害に遭いやすい場所です。実際に風害として当社へのお問い合わせが最も多いのが棟板金のトラブルです。
(棟板金とは屋根の頂点に被せる金属製の板です。)
注目:台風や空っ風などの強風によって屋根の被害が発生した場合は、火災保険が適用されることがあります。
保険申請のための調査や資料作成のサポートも行っていますのでお問い合わせください。

棟板金の剥がれ

屋根材の破損

化粧スレート(コロニアル、カラーベスト)、瓦にひび割れや、ずれの隙間から雨水が浸入します。

スレート割れ

漆喰の剥がれ

瓦の隙間を埋め固定している漆喰が経年劣化して剥がれてしまいます。雨水が浸入し瓦屋根自体を崩してしまうこともあります。

漆喰剥がれ

天窓のコーキング

天窓がある家は採光性も高くなり快適でが、天窓周りのコーキングが経年で劣化すると雨水が浸入して雨漏りの原因になりやすい場所です。

天窓コーキングの劣化

補修工事の紹介

アサヒペイントで施工した様々な補修工事を紹介します。

外壁補修

コーキング打ち替え

サイディングとサイディングをつなぐ目地、コーキングの打ち替えのタイミングは、ほとんど外壁塗装と一緒に行います。新築時のコーキングは塗装されていませんが、コーキング打ち替え後、その上から塗装を行なうので耐久力がより高くなり長持ちします。

外壁目地コーキング 打ち替え前 外壁目地コーキング撤去 外壁目地コーキング打ち替え マスキング
既存のコーキングが劣化して硬くなり隙間が開いています。 カッターで古いコーキングを撤去します。 コーキングがはみ出しても良いようにマスキングテープを貼って養生します。
外壁目地コーキング打ち替え プライマー 外壁目地コーキング打ち替え 外壁目地コーキング 打ち替え後
接着剤の役割のプライマーを塗布します。 コーキングガンを使って注入します。その後ヘラで奥まで届くように押し込みながら均します。 マスキングテープをとって終了です。

モルタルクラック補修

小さなひびは、そのままコーキングで塞ぎます。大きなひびの場合が、グラインダーで削ってからコーキング材を奥までしっかり届かせます。

モルタルクラック補修前プライマー モルタル外壁ひび補修 モルタル外壁ひび補修-外壁上塗り
補修するためのコーキング打設前に、クラックに沿ってプライマーを塗布します。 コーキングを打設してヘラでしっかり密着させます。 その上から下塗り、中塗り、上塗り塗装をおこない補修後もきれいに消えます。

サッシ周りのコーキングの打ち替え

サッシ周りのコーキングが劣化した場合は、新しいコーキングに打ち替えと痩せた部分のみを補修する打ち増しの2つの方法があります。
外壁ならば既存のコーキングを撤去して新しいコーキングに打ち替えることをお勧めしますが、サッシのコーキングは、打ち替えることで周りの防水シートを傷つけてしまい返って雨水の浸入のリスクを高めてしまうことがあるため劣化の状況で判断します。

コーキング撤去 サッシコーキング コーキング完工
既存の劣化したコーキングを取り除きます。 マスキングテープで養生します。しっかり密着するようにプライマーを塗布します。 ヘラで均しながら平らにします。マスキングテープを取り終了です。

ベランダ

勾配の少なく水が溜まりやすいベランダやバルコニーは、人が歩いても大丈夫なように防水層の上にトップコートを塗布して保護されています。そのトップコートは紫外線や摩擦などで薄くなったりひび割れてきます。軽いひび割れ程度ならトップコートの塗り替えを行います。防水層まで劣化が進んでいれば、割高な防水層からやり直すことになります。雨漏りの原因にもなりますので早めの対応が必要です。

ベランダ防水施工前 ベランダ防水施工中 ベランダ防水施工後
高圧洗浄を行い表面を洗浄します。 プライマーを塗った後トップコートを塗ります。 トップコートを2回塗り重ねて終了です。

屋根

棟板金の補修

群馬県は台風以外にも一年を通じて風が強い地域です。風の被害で最も多いのが屋根の棟板金の被害です。

風で飛ばされた棟板金 棟板金応急措置 棟板金修理後
空っ風(強風)で棟板金が飛ばされてしまった棟板金です。貫板も傷んでいます。 補修工事までの降雨対策に、ビニールシートで応急措置を行います。 貫板を交換して新しい棟板金をしっかり固定しました。

瓦の補修

割れた瓦は交換したり補修します。損傷の状態によってルーフィングや野地板も交換補修します。

瓦交換前 瓦交換後
割れた日本瓦の補修です。 防水シートを貼り替えて新しく瓦を交換しました。

漆喰の剥がれ

劣化した漆喰の補修は、軽微な場合は詰め増しをおこないます。劣化が進み上に乗っている瓦がずれてしまっている場合は、一旦取りはずし、再度漆喰を詰め直して補修します。

漆喰 詰め直し前 漆喰 詰め直し後
劣化してひび割れた漆喰です。 取り除いた後は新しい漆喰を詰めていきます。

天窓コーキング

天窓と屋根材の隙間をコーキングで塞いで補修します。天窓がある建物の雨漏りの場合、最初に疑うのが天窓という位の高確率で原因箇所になります。定期的に点検が必要です。

天窓雨漏り補修 天窓雨漏り補修
マスキングテープで養生してコーキングを注入します。 マスキングテープを剥がして終了です。

水はわずかな隙間から建物内に入り、いろいろな所を伝って室内に染み出るので、侵入箇所を見つけるのは簡単ではありません。
専門家の知識と経験なくして雨漏りを止めることはできません。

また「屋根と外壁塗装をすれば雨漏りを防ぐことができますよ」といって不安を煽り塗装を勧めてくるいいかげんな業者の話を聞きます。塗装をすることが雨漏り
の直接的な原因を防ぐことにつながるわけではありません。

雨漏りが発生してからの補修には、費用も時間もかかってしまうので、日頃の点検や定期的なメンテナンスを行うことが大切です。
アサヒペイントでは、点検や相談は無料で行っております。
しつこい営業もしませんので、お気軽に電話・メールしてください。

 

お見積り無料緑1バナー
その他の施工事例バナー 完成写真ギャラリーバナー