防水工事について

防水工事とは、屋根やベランダ・バルコニーといった建物外部からの漏水を防ぐための工事です。

建物は常に雨風にさらされており、建物の大敵である水分が内部に侵入しないように、日ごろから点検やメンテナンスを行うことが大切です。

もし建物内部に雨漏りが発生したり、水分が侵入すると、木造建築の場合は柱や梁が腐食し、鉄骨造の場合はサビが生じるため、建物がどんどん劣化し強度が落ちていきます。

また、水分による湿気は壁や天井のシミとなり、内装を劣化させて美観を損ねます。さらに健康上の問題として、ダニやカビの発生原因となるので、ぜんそくやアレルギーをお持ちの方には大変住みづらい建物になりかねません。

建物の防水は、建物の寿命を伸ばすだけでなく、そこで生活する人々の健康にも大きく影響します。

建物の防水事情

最近の建物は設計上の自由度が大きく向上し、様々なデザインの住宅やビルが建築されるようになりました。

広々としたベランダやバルコニーをはじめ、採光性の高い屋根、モダンなデザインの外観、最近は地球環境に配慮し、太陽光パネルを屋根に設置している住宅も増えています。

こういった機能性・デザイン性の高い建物は、どうしても金具や接続部分を多用するため、水分の侵入を防ぐという観点で見ると弱点が増える傾向にあります。このため、適切なタイミングでメンテナンスや防水工事を行うことが重要になります。

まずは防水をする場所のバルコニー、ベランダ、屋上の違いをご説明したいと思います。

名称 内容
バルコニー          室外に張り出した屋根のない手すり付きの台。ほとんどが下の階の屋根の上の部分にあたります。
ルーフバルコニー  下の階の屋根を上階の庭として使うもの。バルコニーの広いもの。
ベランダ 外に張り出した縁のことで、屋根のあるもの。雨でも洗濯物が干せます。
屋上 最上階の屋根の部分が平らな床になっている部分の事。

 

バルコニー、ベランダ、屋上などは雨が入る場所です。すぐ下が家なので、雨の進入を防ぐ必要があります。塗装をしただけでも保護の効果はありますが、防水効果は高くありません。新築当初はきれいでも年月とともに塗料は劣化します。劣化した箇所から水が入ってきてしまい、雨漏りの原因となります。

大切な家を守るために、防水機能を備えることが非常に重要となります。

三角屋根と平屋根(陸屋根)

屋根には様々な形状がありますが、大きく分けると三角屋根と平屋根の2種類になります。

三角屋根は、戸建て住宅では一般的な屋根の形状です。三角屋根はシンプルかつ勾配があるので、雨水がスムーズに下まで流れ落ちます。

旧来の瓦屋根は経年劣化による雨漏りが発生しやすいため、定期的に防水工事を行うことが必要です。

平らな屋根は陸屋根とも呼ばれ、ビルやマンションだけでなく、屋上にベランダが設けられている住宅にも用いられます。一見平らに見えますが、排水を考慮しわずかに傾斜がつけられています。

しかし、平屋根は三角屋根と比べて排水性能が低く、雨漏りや漏水が発生しやすい構造です。

ベランダ・バルコニー

ベランダやバルコニーは常に外気にさらされ、雨風の影響を受けていますが、その利用目的上、排水のため傾斜をつけることは難しく、水が溜まりやすい構造になっています。

マンションのベランダやバルコニーは建物に入り込んでいるため、雨風の影響をそれほど受けませんが、壁や仕切りに囲まれているため排水が困難です。

住宅のベランダやバルコニーは建物外部にあるため、排水は比較的容易ですが、常に雨風にさらされるため、漏水や雨漏りなどのリスクが高まります。

太陽光パネル・太陽熱温水器

最近は環境に対する意識の高まりや、電力買取制度の整備もあり、屋根に太陽光パネルを取り付けて発電する住宅が増えています。また、太陽熱温水器を屋根に設置すれば、光熱費を節約することも可能です。

しかし、屋根や建物に対する知識を持たないままこれらの機器を設置すると、屋根を壊したり水漏れが発生する場合があります。屋根に重量物を設置するときは、屋根の構造をよく知る専門業者に依頼する必要があります。

一度設置した太陽光パネルは、補修や撤去に多額の費用がかかるだけでなく、安易な設置で雨漏りや漏水が発生すると、建物がどんどん劣化していきます。

防水工事の種類

防水工事にも、さまざまな種類があるのでご紹介します。

防水工事には、大きく分けると4種類あります。

 

塗装 群馬 前橋 防水工事についてバナー

 

防水工事の種類 寿命 場所
シート防水 12年~15年程度 屋上がオススメ
ウレタン防水 10年~13年程度 どんな建物でもOK
FRP防水 10年~13年程度 ベランダがオススメ
アスファルト防水 15年~20年程度 広い屋上(大型ビルなど)

 

 

塗装 群馬 前橋 シート防水バナー
シート防水は、防水シートを貼る工法です。主に2種類あります。

 

塗装 群馬 前橋 シート防水
塗装 群馬 前橋 特徴バナー
ゴムシート防水は、シート状に成形した合成ゴム系の防水シートを、接着材やテープなどで下地に貼り付ける防水工法です。

メリット
ゴムは温度による変化が少ないので、施工地域に制限が少なく耐久性も高いです。
シート状なので短工期・低コスト、また軽量なので木造住宅にも向いています。

デメリット
まず、しっかり接着するために平らな場所ではないといけないので、複雑な面には向いていません。そして、シート同時を貼り合わせるので、接着剤で防水するような形になるため紫外線でシートが劣化します。

 

塗装 群馬 前橋 塩ビニール防水
塗装 群馬 前橋 特徴バナー
塩ビシート防水は、塩化ビニール樹脂の防水シートを接着材などで貼り付ける工法です。

メリット
紫外線や熱などに優れた耐久性をもちます。シートは柔らかく曲げやすいので、施工しやすく下地の撤去の必要がないので、改修工事に最適です。

デメリット
塩化ビニールは硬い素材のため、柔らかくするために可塑剤が添加されています。それが気化してしまうと硬くなり、割れやすくなります。耐久年数は10年~15年くらいです。

 

群馬 塗装 前橋 ウレタン防水バナー

塗装 群馬 前橋 特徴バナー
ウレタン防水は、液体のウレタンを塗膜することによって防水層を形成する工法です。

メリット
液体なので下地の形状になじみやすく、簡単で安価で短期間で工事が終わります。
液体状のため屋上やベランダなど、場所を問いません。既存の防水層があってもその上から塗ることができます。

デメリット
とくにはないのですが、耐久年数が比較的短めです。しかし、塗り重ねることにより、解決できます。

 

群馬 塗装 前橋 FRP防水バナー

塗装 群馬 前橋 特徴バナー
FRP防水とは、強度が高く耐久性に優れたガラス繊維強化プラスチック(FRP)を使用して防水層を形成する工法です。

メリット
軽量で耐久性に優れています。乾くのが早いので施工日数も短くてすみます。

デメリット
紫外線が長時間当たると、劣化してひび割れを起こします。定期的にトップコートを塗り替える必要があります。

 

群馬 前橋 塗装 アスファルト防水バナー

塗装 群馬 前橋 特徴バナー
アスファルト防水とは、合成繊維不織布にアスファルトを含ませコーティングしたシート状の防水上(ルーフィングと呼ぶ)を貼り重ねて形成する工法です。

メリット
アスファルトを染みこませているので、防水性が高くコストもそれほどかかりません。
保護モルタルで押さえれば耐久性も高くなり、メンテナンスの回数も減ります

デメリット
高熱で溶かすので、施工中に臭いが発生します。重くなってしまうため、木造住宅には向きません。

 

防水は屋上をはじめ、建物のいたるところに使われており、皆様の建物を守っています。その防水には様々な種類があり、それぞれの材料が特徴を生かして用途に応じて使われています。

漏水は建物内部に損害をもたらすだけでなく、建物の耐久性能が著しく低下し始めます。

その他にも、住宅の屋根・外壁・ベランダなど、雨や水の浸入の可能性がある部分には防水工事を行ないましょう。防水工事を行なうことで、建物の寿命を長くすることができます。
どんな事でもお気軽にご相談下さい。

 

 

外壁塗装・屋根塗装の基礎知識

外壁塗装 屋根塗装 その他の工事
外壁塗装の必要性


外壁塗装の種類


 

屋根塗装の必要性


屋根塗装の種類


 

雨樋の必要性


防水工事について


 

よくあるご質問 用語集 用語集
一般的なご質問


塗装に関するご質問


 

下地補修・下地調整


シーリング・コーキング


シーラー・フィーラー

下塗り・中塗り・上塗り

高圧洗浄 ケレン


クラック

 

群馬の塗装 アサヒペイント 塗替えリフォーム中バナー 群馬の塗装 アサヒペイント 施工事例バナー

塗装 群馬 その他の完成写真小バナー
群馬 外壁塗装 アサヒペイント 施工事例バナー群馬 外壁塗装 アサヒペイント お問合せバナー

お見積り無料緑1バナー
その他の施工事例バナー 完成写真ギャラリーバナー