屋根塗装の種類

 

どのような外壁材・屋根材でも表面を塗料の塗膜で守っています。一定の期間を過ぎると劣化が始まるので、塗替えが必要になります。「取替え」は屋根の場合、「葺き替え」になりますし、外壁の場合は「張替え」既存の物を撤去して新しく施工することです。通常は、外壁も屋根も10年から「塗替え」が必要になります。

 

屋根にはそれぞれ「瓦」 「スレート」 「金属」の3つに大きく分けられます。
瓦のデメリットは、他屋根材と比べ圧倒的に重さがあります。重量があるため地震の揺れに弱いです。
スレートのデメリットは、こまめなメンテナンスが必要になります。
金属のデメリットは、遮音性に劣り、熱が伝わりにくいので耐熱性に劣ります。
それぞれ特徴があり、メリット・デメリットがあります。
また、屋根ごとにあったメンテナンス・補修工事も必要になってきます。

 

屋根塗装の種類 瓦 アサヒペイント 群馬

◆瓦の特徴は夏の暑い熱や冬の冷たい空気を室内に入れずらい◆
瓦屋根のメリットは、風合いや再塗装の必要がないという事です。耐久性に優れメンテナンスがほとんど必要ありません。
デメリットとしては、施工に手間がかかるのと破損した場合などに、修繕費用がかさむことです。あとは重量があるため、耐震性は低いと言えます。

 

屋根塗装の種類 ストレート瓦 アサヒペイント 塗装

◆ストレート屋根は耐震性が高く安価なことが特徴です◆
ストレートの素材は重量が他の素材と比べて軽量になっているので、耐震性が高いといわれています。
セメントと繊維質材料を配合させ強化して作られた薄い素材なので、金属屋根や瓦と比較すると耐久性が強度が弱いといえます。

 

屋根塗装の種類 ガルバリウム鋼板 塗装 アサヒペイント

◆金属屋根はメンテナンスが少なくすみます◆
高い耐久性を生かし建物の外壁や屋根の材料、ベランダ周りや雨樋などの建築材料として使用されています。
メリットは、メンテナンスが少なく耐久性が非常に高いこと、デザインの種類が豊富なことなどがあげられます。デメリットは、素材が薄いので台風などで飛んできた飛来物で屋根が破損してしますことです。

 

屋根塗装の種類 モニエル瓦 群馬 アサヒペイント

◆モニエル瓦とはセメント瓦やコンクリート瓦の一種です◆
モニエル瓦はスラリー層という塗膜層があるのが特徴です。セメントで形成された瓦の上に、スラリー層という着色層があります。瓦の色はこのスラリー層の色になります。その上からクリア層というスラリー層を保護する層がある3層からできているのがモニエル瓦です。
モニエル瓦は、ほとんど廃盤になっていて新たに製造はされていません。今はモニエル瓦よりも性能が高い瓦が製造それているため、そちらに切り替わっています。
メリットは素材自体が頑丈なので、遮熱効果が高いです。そして音を通しにくいので、防音効果があります。デメリットは割れやすく、定期的な塗装が必要になることです。

 

屋根の種類 トタン屋根 アサヒペイント 群馬

◆金属屋根の一種です◆
トタン屋根は安価で施工に手間がかからず、継ぎ目がないため雨漏りをおこしにくいのがメリットです。デメリットは、錆びやすく防音性、遮熱性が低いことです。そして定期的にメンテナンスしないと、雨漏りの原因になります。

 

 

通常、外壁と屋根は同時に塗替えを行いますので、外壁の劣化が進んでいない場合でも、屋根材の劣化が進んでいる場合は、外壁も一緒に塗り替えた方が今後の出費を抑えられます。
外壁の塗替えをされる場合は、ご自身の希望と今後のメンテナンス費用やご予算などを検討した上で考えられてはいかがでしょうか?

 

 

外壁塗装・屋根塗装の基礎知識

外壁塗装 屋根塗装 その他の工事
外壁塗装の必要性


外壁塗装の種類


 

屋根塗装の必要性


屋根塗装の種類


 

雨樋の必要性


防水工事について


 

よくあるご質問 用語集 用語集
一般的なご質問


塗装に関するご質問


 

下地補修・下地調整


シーリング・コーキング


シーラー・フィーラー

下塗り・中塗り・上塗り

高圧洗浄 ケレン


クラック

 

群馬の塗装 アサヒペイント 塗替えリフォーム中バナー 群馬の塗装 アサヒペイント 施工事例バナー

アサヒペイント その他 完成写真 バナー

群馬 外壁塗装 アサヒペイント 施工事例バナー

群馬 外壁塗装 アサヒペイント お問合せバナー

お見積り無料緑1バナー
その他の施工事例バナー 完成写真ギャラリーバナー