緩衝材のゴム

こんにちは、今回は某学校の給食車が給食を降ろす時に台車がついている為にトラックがバックした時際ぶつけてしまわないようにクッション性のあるゴムの緩衝材を設置しました。

長年使用したためについていたゴムは壊れていました。

工事前の写真です

当てゴム施工前

ゴムが空洞になっているのですが切れてしまってクッションの役割はありません。

ボルトで固定してありますのでまずは撤去し込みます。

ハンマードリル削孔中

いつもは、刷毛とローラーを持った職人ですがこんな工事も出来ます。

位置決めをし垂直にハンマードリルで穴をあけていきます。

既設のアンカーをサンダーで撤去し新しいアンカーを打ち込みます。

アンカー施工状況

アンカーの頭が潰れないようにナットを先端に合わせハンマーで叩きます。

するとコンクリートの中でアンカーが膨らみ固定されます。

慎重に叩かないとねじ山を潰してしまうので左利きの小林くん(左)ですが顔が真剣です。

当てゴム完成

完成がこちらです

黄色?

そうなんです!

黄色の部分は色を塗った訳ではなくこの部分もゴムなんです!

塗装をしてあるだけだと擦れてしまうと消えてしまいます。

黒と黄色のゴムが一体になっていますので何年も経過しても黄色が残っているんです。

緩衝材設置完成

運転手さんも目立ちますしバックしていても分かりやすくなりましたね♪

アサヒペイントはこんな工事も職人が施工できますよ。

ちょっとした工事も出張修理も致します。

見積もり無料です。是非お気軽にお問合せ下さい

群馬の塗装 アサヒペイント 塗替えリフォーム中バナー 群馬の塗装 アサヒペイント 施工事例バナー
その他の完成写真小バナー
透メックスバナー
お問合せバナー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加