外壁塗装の必要性

新築で建てた家も年数が経てば紫外線や雨風の影響で、外壁や屋根の汚れが目立つようになったり、色あせたりします。家にも寿命があるため、傷んでくれば塗替えは必要になってきます。
建物の環境などにもよりますが、一般的に塗替えの時期は10年~15年くらいが目安となります。

塗装 群馬 前橋 家のイラスト
外壁塗装する理由は美観を保つこともひとつですが、一番の目的は家を塗装して守ることにあります。

外壁の塗膜の劣化により防水性が失われてくると、雨水などにより外壁自体が湿気を吸収して傷んできます。傷みが進むと塗替えではすまなくなり、外壁の張替えなどの大掛かりな工事をする事になります。傷む前に塗替えすることが大切なお住まいを守ることになります。
例えば、人も常に紫外線にさらされています。肌を守るために日焼け止めクリームを塗ったり、日傘を差したりUV効果のある洋服を着たりと、色々な対策をします。
外壁も同じように、紫外線や雨風から守る対策をしなければなりません。

 

では実際に、どこを塗替えればいいのでしょう?
早めのメンテナンスと言っても、どこを塗り替えればいいのかを判断するのは難しいと思います。
業者さんに来て見てもらうのが一番ですが、その前にご自身も知識を身に着けておくことが大切です。

 

外壁塗装には、窯業系サイディング・モルタル・コンクリート・ALCなど様々な外壁材があります。ほぼ全ての外壁材の塗替えが必要になります。サイディング材はシーリング部分に亀裂が入ったり、モルタル壁は、ひび割れやコケの発生がみられます。このように外壁材には、色々な症状がおこってきます。

その他にも外壁の基礎の部分の塗装もありますし、付帯部(雨樋・雨戸・軒天・戸袋・破風板など)の塗装もあります。付帯部も定期的にメンテナンスすることにより老朽化を遅らせることができます。

 

建物の塗替えには、タイミングがあります。外壁塗装が必要かどうか判断するには、プロの診断士に建物も診断をしてもらいことが一番です。
しかしご自身でも簡単にチェックできますので、下の写真を見て当てはまるものがあれば、早めに専門業者に診断を依頼されるのがいいでしょう。

塗膜の剥がれ・浮き

風雨や紫外線の影響で劣化が進んでいます。

チョーキング現象

指でこすると白い粉が付く
外壁の塗膜が劣化しています。

塗膜の剥がれ・浮き チョーキング現象

クラック(ひび割れ)

放置しておくと非常に危険です。

チョーキング現象

外壁の塗膜が劣化しています。

クラック(ひび割れ) サビの発生

いかがですか?ご自身の家の外壁に当てはまるものがあったでしょうか?

塗装には寿命があります。先にもご説明させて頂きましたが、年月をかけて塗装した壁も傷んできます。
塗装することにより外壁に「塗膜」という膜ができます。その塗膜の効果が落ちるということは、外壁を守るものがなくなるという事です。
塗替えだけで見た目も美しく建物が丈夫になれば、塗り替え工事はとても経済的で建物にとって負担のかからないリフォームだと思います。

早めのメンテナンスで、ご自身の大切なお住まいを守りましょう。

外壁塗装・屋根塗装の基礎知識

外壁塗装 屋根塗装 その他の工事
外壁塗装の必要性


外壁塗装の種類


 

屋根塗装の必要性


屋根塗装の種類


 

雨樋の必要性


防水工事について


 

よくあるご質問 用語集1 用語集2
一般的なご質問


塗装に関するご質問


 

下地補修・下地調整


シーリング・コーキング


シーラー・フィーラー

下塗り・中塗り・上塗り

高圧洗浄 ケレン


クラック

 

群馬の塗装 アサヒペイント 塗替えリフォーム中バナー 群馬の塗装 アサヒペイント 施工事例バナー

アサヒペイント その他 完成写真 バナー

群馬 外壁塗装 アサヒペイント 施工事例バナー

群馬 外壁塗装 アサヒペイント お問合せバナー

お見積り無料緑1バナー
その他の施工事例バナー 完成写真ギャラリーバナー